出張刻字(お墓への彫刻)

出張刻字(お墓への彫刻)

 亡くなった方の戒名、法名、法号などを、墓石や墓誌等へ追加彫刻いたします。熟練の職人が、彫刻用の機械を墓所まで運び現地で彫刻を行います。また、墓所で作業ができない場合は、一度墓誌を取り外して工場へ運んで追加彫りをした後、墓誌を墓所へ設置し直します。

  1. 施工事例

  2. 出張刻字の流れ

    現場に機械を持ち込み、正確・丁寧に作業いたします。

    1. 1.現地確認

      彫刻をするお墓の現地確認をさせていただきます。墓地までの機材の搬入経路や彫刻箇所の確認を行います。

    2. 2.字刷り作業

      既にお戒名が彫刻されている場合は、その書体や大きさに揃えるために字刷り作業(※)を行います。字刷り作業とは、お戒名にトレーシングペーパーをあて、上から鉛筆などで擦り、文字の写しを取ることを言います。

    3. 3.カッティング作業

      文字原稿をもとに、彫刻面に貼り付けるゴムシートを文字の輪郭にあわせて機械でカットします。カットしたゴムシートは、石の表面に貼り付け、カットした部分だけを慎重に剥がします。

    4. 4.養生

      彫刻しない部分は、作業による傷や欠けを防ぐため養生をします。これで、ようやく彫刻準備の完了です。

    5. 5.ブラスト作業

      サンドブラスト機で、彫刻する部分に特殊な砂を吹きつけ、石の表面を削っていきます。熟練の職人が慎重かつ丁寧に彫刻を行いますので、ご安心下さい。

    6. 6.完成

      文字が見えにくい場合などは、彫刻の文字へ白や黒のペイントを入れて、彫刻作業の完了となります。

ページの先頭へ戻る メニューを開く メニューを閉じる